So-net無料ブログ作成
検索選択
身辺雑記 ブログトップ
前の10件 | -

猛暑お見舞い申し上げます。 [身辺雑記]

毎日毎日、あちいですねー。
全国各地に「高温注意情報」が出ておりますが、みなさんだいじょぶですか。
鼻血出てませんか。
出てる人、首をトントンしちゃダメですよ。


人間はしおれて干からびそうな暑さなのに、草花は元気元気。
たとえばこれ。



山形の紅花です。


ひと月ほど前、新国立劇場で井上ひさしの「」を観たんですが、この芝居が山形の紅花の産地、「平畠」を舞台にしているということで、おみやげに紅花の種をもらいました。
あと、そばの種とシベールのラスクも。



山形って、ほんとにいいところですねぇ♡


で、もらった種をすべて園芸マニアな姉に託したところ、種蒔きして1週間後にはもう元気な双葉がいっぱい。



いちおう、うまく育てばこんな花が咲くはずなんですが・・・。






 ←中劇場のホワイエに飾られていた紅花です。


種を配っていた男性は、
「いまから蒔けば、ぎりぎり間に合いますよ!」
って言ってくれたんですが。
満開の紅花が見られたら、うれしいなぁ。
姉上、しかと頼みましたぞ。(←あくまで他力本願)





ところでこの庭には、最近よくかわいいお客さまが遊びに来ます。



どこかの飼い猫らしいんだけど、初対面のわたしに「ニャー」とすり寄ってくる人懐っこさ。


ごろんとひっくり返っておなか出して、警戒心ゼロ。

cat_3.jpg
カメラ目線もOK。
無理やりに見えるとしたら、それはきっと気のせいです。(=`ェ´=) ニャー


タグ: 紅花

3度目の正直 [身辺雑記]

  新しいエントリーをUPしても、なぜか本文がまるごと消えてしまう怪現象。
  これで3度目の投稿だけど、今度こそ反映されるかなぁ?


◇◇◇◇

先週末に東北と関東を襲った大震災以来、初めて更新します。
ご心配くださった方へ・・・お知らせが遅くなってすみません。わたしは無事です!
千葉県北西部に住んでいますが、県内でも海沿いは津波や液状化の被害が出ています。
一方わが家の被害状況は、ワイングラス1個の足と、徳利の首がぽっきり。それ以外はほとんど無傷でした。
家族も全員無事。ありがたいことです。

ちょっと落ち着いたので、地震以後数日間のことを書きとめておこうかなと思います。



11日の午後2時46分、かなり強い横揺れ。
いつも金曜は従姉の仕事を手伝いに行っていて、この日も従姉のマンション@練馬区にいました。
最初の揺れがおさまったところで自宅に電話してみたところ、固定でも携帯でもまったく通じない。
一人で家にいるはずの老母が、無事なのかどうかがわからない。
この状態は夜まで続きました。

大きな余震が来るたび机の下にもぐったりしながら仕事を続け、午後6時。
一向に通じない電話をあきらめて、PCから兄と姉にメールしたところ、7時ごろに返信が届きました。
母を姉が車で自分の家に連れて行ってくれたことがわかり、わたしはそのまま練馬に泊まることに。
帰ろうにも、JRは早々に終日運転見合わせを決定していましたので。

午後8時半ごろ、滞っていた携帯メールがどどどーっと到着。
どうやら地震直後、都内に勤務している甥っ子がすばやく2人のおばあちゃん(千葉県&北海道在住)の安否を確認し、家族全員にメールしてくれていたのでした。GJ!
午後10時半ごろに固定電話で母&姉から、携帯で九州の甥っ子夫婦から安否を確かめる電話が。
とりあえず、みんな無事でよかったよかった。

明けて12日。電車は復旧したものの、3割~5割の運転とのニュース。
あせっても混みそうなので、11時ごろに従姉の家を出発して、タクシーで池袋へ。
電池が切れる寸前のiPhoneを、ソフトバンクショップで30分間充電してもらいました。
池袋の街はいたって穏やかな雰囲気。もちろん、人は少なめでしたが。

何回か電車を乗り継ぎ、最後はタクシーを使って、午後3時ごろに帰宅。
家具が倒れたりはしていなかったけど、お鍋とか本とかCDとかが床に散乱してました。
大きなものを片づけていたらぐったり疲れてしまい、結局姉の家に泊めてもらうことに。

13日の日曜日。
ほぼ平常ダイヤに戻った電車に乗り、六本木へ。
いつも母がお世話になっているご近所さんの、お孫さんが出る芝居を観るためです。
ご近所さんと母と3人で、六本木ヒルズの「古奈屋」で旬野菜カレーうどんを食べたあと、麻布十番で観劇。
地元駅に帰ってきてから、駅前の喫茶店でまたおしゃべり。
こんな時に観劇なんてと言われるかもしれないけど、みんな地震以後の緊張とストレスから束の間解放されて、少し元気が出たんじゃないかなと思います。



で、14日からは会社に出られると思ったら、計画停電(輪番停電)の影響で最寄り駅の電車が終日運休に。
大喜びで・・・いや、やむを得ず出社を断念しました。
15日になってもまだ電車が動かないので、近所のドラッグストアへ買出しにGO!
残り3ロールになってたトイレットペーパーと、ティッシュペーパー、電池などを買ってきました。ほっ。

昨日は生協の配達日だったんですが、案の定ほとんどが欠品。通い箱を開けたら、卵だけが入ってました。
とはいえ、被災地の方々の不自由さを思えば、野菜不足くらい、大したピンチではありませんけどね。



さて、今回の地震で驚いたのは、電話も携帯も通信不能なときに、Twitterは問題なくやりとりできたことです。
もし家族がTwitterをやっていたら、もっと早くおたがいの無事が確認できたかも。
というわけで、姉にもTwitterを強力に勧めました。
それと、公衆電話は災害時でもつながりやすいんですよね。すっかり忘れてました。
今後のために、よく憶えておこうと思います。

この記事を書いている間に、またちょっと強い余震がありました。
一日も早くこの地震活動が収まりますように・・・。


タグ:地震
nice!(15)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

late-summer greetings [身辺雑記]

残暑お見舞い申し上げます。



スヌーピーってサングラスが似合うなぁ。



立秋を過ぎたとたんに、朝晩の気温がちょっとだけ下がった(気がする)こととか。
ツクツクボウシが鳴きだしたこととか。
ほんのわずかな夏の終わりの兆候を探して、猛暑をだましだまししのいでいる日々でございます。
しっかし暑い~~。



キッチンの引き出しを大掃除したら、ン十年前の栓抜きがゴロゴロ出てきました。
遠いむかしの夏休みを思い出して、捨てちゃう前に記念撮影。


左のキリンレモンは黄色と青が裏表。右の栓抜きは小さめサイズ。


左のは「飲みましようコカ・コーラ」って書いてある。なんか標語みたい。( ̄ー ̄;
右は牛乳の栓抜き。ビン牛乳の紙のフタに針金を突き刺して、スポンと開ける道具ですけど、いまでもあるんでしょうか。そもそも紙のフタが残っているのかどうか。

キリンレモンも三ツ矢サイダーもコカ・コーラも、子どものころはあんなにガブガブ飲んでいたのに、大人になってからは全然。
コカ・コーラなんて三度の飯より好きだったのになー。(それで背が伸びなかったんだと兄姉によく言われます・・・)



夏つながりでもうひとつ。
といっても夏限定メニューではないようですけど、妙な器(失礼)がとても気になっていたコメダ珈琲のコーヒーシェークを注文してみました。



なんていうか、懐かしのコーヒー牛乳みたいな?
子どもでも飲みやすそうな、やさしい味でした。
ただ、すごいボリュームで飲みきれなかった・・・orz



[おまけ]



ドライアイスが大量にあったので、水に放り込んでiPhoneで撮ってみました。
なんのオチもない動画で、すんません。
涼しい気分だけでもお届けできれば幸いです。


おいしい庭 [身辺雑記]

先月半ばすぎのこと。

渋谷のBunkamuraシアターコクーンへ「2人の夫とわたしの事情」を観に行く電車の中で、母が転倒してしまいました。
その日は気合で芝居を楽しみ、根性で家まで帰ってきたものの、翌日から痛みで歩けないほどに。
骨折しなかったのは不幸中の幸いでしたが、いまだに一人で歩けない状態です。(´・ω・`)

そんなわけでこのゴールデンウィーク、唯一のお出かけ先は姉の家。
福岡から帰省している甥っ子&彼女と食事して、おしゃべりして、のんびり庭を眺めて・・・そんな一日でした。

その庭というのが、ガーデニングに目覚めてしまった姉が鋭意制作中でありまして。
コンセプトは、おいしい庭。
ブルーベリー、ジューンベリー、ストロベリー、トマトハーブ
ヨモギ、野蒜、ネギは勝手にニョキニョキ生えてきました。(なぜ?)
実の生る木があると、いろんな鳥がついばみに来るのも楽しい。
でもお願い、全部は食べないでねw



草木の種類はまだ少ないのですが、ちょこっとiPhoneで撮ってきました。


左:ブルーベリーの花って、すずらんみたい。/右:ストロベリー、早く赤くなれなれ~~♪


左:薔薇の名前は忘れました・・・/右:チョコレートコスモス。甘ーいチョコレートの香りがする・・・はずなのに、全然におわぬ。おかしいなぁ。


ありがとうの日曜日 [身辺雑記]

前日(17日)の雪がうそのように、ぽかぽかと陽射しの暖かい日曜日。
叔父の三回忌と叔母の七回忌がありました。
場所は世田谷住宅街のど真ん中にあるお寺。
二人は子どもを持たなかったこともあり、叔父が生前から予約していた永代供養墓に入っています。

永代供養墓というのは、お墓を守る後継者がいない場合などに、個人に代わってお寺が供養と管理をしてくれるお墓のこと。
簡単に言うと共同墓ですね。
「永代」とはいっても、何十年か経つと合祀されるケースが多いようです。

屏風を広げたような共同の墓石には、たくさんの名前が刻まれていました。
すでに納骨された人は白い字で、予約中の人は赤い字で。
この日はお墓参り日和だったせいか、墓前にはたくさんの花束が供えられていました。
墓石の下に納骨堂があり、ゆくゆくは住職さんも同じ納骨堂に入るのだそうです。
住職さんが一緒なら、ずーっと先まで安心かも。


境内の枝垂桜は、もう葉桜になりかけていました。


法要とお墓参りをすませて帰ろうとしたときに、お寺の入り口で見つけたもの。



ペットたちの共同墓で、ひとつひとつの写真に、名前と享年が書かれているのでした。
墓石には、「ありがとう」の文字。
ここならいつまでも、寂しくないね。

タグ: 永代供養
nice!(23)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

近況報告その1 [身辺雑記]

たいへんごぶさたでございます。
雑事にかまけているうちに日々は過ぎ、あらまあ来週はもう新年じゃないですか。
早い、早すぎる。

しばらく離れていたら、ブログの書き方もよくわからなくなってしまって。( ̄ー ̄;
で、書きそびれたあれやこれやを、日誌ふうにだらだらと振り返ってみたいと思います。


●11月11日 井上陽水コンサート@国際フォーラムホールA
「大変な時代になっておりまして。激動の時代で」
意外にロックっぽい派手なオープニング曲のあと、陽水の第一声がこれ。何なんだこの落差は。(笑)
で、何を話しだすのかと思ったら、いろいろあった今年ももうすぐ終わりますねー、という世間話につながるのだった。
「みなさんのご支援と、ご慈愛を」「みなさんのお幸せだけを思っております」
ばか丁寧で空々しい言いまわしがいちいちおかしい。まさか陽水のトークでこんなに笑わされるとは!
曲では、何十年かぶりに聞いた「闇夜の国から」が、懐かしくてうれしかったなぁ。
40年以上前に清志郎と一緒につくったという「帰れない二人」にはしんみり。名曲ですね。
アンコール1曲目の「アジアの純真」では、ついに客席総立ち。楽しかったよーん。
*公式サイトURL http://www.y-inoue.com/


 40周年のきんきらプログラムと、携帯ストラップ。
 ストラップの四角い部分はCDジャケットのミニチュアで、よく見ると陽水の顔が。


このあと、「ヘンリー六世三部作」観劇をはさみまして――


●11月29日 ピアノ引越し
わが家のピアノが姉の新居に引っ越すことになった。
搬入した当時より家の中のモノが増えて、前準備の片づけが大変。ていうか、要らないもの多すぎ!
ピアノ専門の引越し屋さんは3人ひと組で来て、1人が的確に指示を出し、残り2人がピアノを運ぶ。
まず進路の邪魔になりそうな家具を移動したあと、キルティング製の大袋を敷いてピアノを横向きに立てる。
袋の両側は太いベルト状になっていて、運び役の2人がそれを斜めがけに。
こうすると、手ではなく肩でピアノを持ち上げる形になるので、腰への負担も軽くなる(はず)。
搬出したあとは、移動した家具を元の位置に。
あまりにも静かに、スムーズに引越しが終わってしまったので、お隣さんは全然気づかなかったらしい。
途中で写真を撮ればよかったのに、プロの技に見とれてしまい、すっかり忘れていた。残念。


 左:新居に設置されたピアノ。/右:まだ引越し前だというのに、もう床下収納に酒瓶が満杯なのはどういうわけだ?


●12月2日 海をゆく者@PARCO劇場
芸達者なおじさん俳優(失礼)5人をキャスティングした、アイルランドの渋ーいお芝居。
かと思ったら、軽妙なコメディで、ちょっぴりサスペンスで、ファンタジーだったのですよ。
イヴの夜のカードゲーム、秘蔵の密造酒、悪魔との取引。
さすが飲んだくれと精霊たちの国、アイルランド!
小日向文世さん目当てだったけど、ワガママな兄役の吉田鋼太郎さんがかわいい~。
ワンシチュエーションの会話劇ながら、緩急つけたセリフと動きで飽きさせない。
最悪な人生にも、ささやかな幸せはある。
できることならクリスマスの日に観たかった作品。
*公式サイトURL http://www.parco-play.com/web/play/seafarer/


 公演プログラムより。ほか3人のキャストは浅野和之、大谷亮介、平田満。


●12月5日 姉の引越し
引越し屋さんが新居に到着した夕方は、雨。
4人のスタッフが屋内・屋外の二手に分かれ、荷物を手際よく運び入れていく。
甥のサッカー雑誌を詰めたダンボールがとてつもない重さで、家族全員の非難の的だったが、これを引越し屋さんは一度に2箱、ひょいっと持ち上げてしまうのだった。
最年少スタッフはまだ18歳。少々口の悪いリーダーが、彼をそっとサポートしているのがわかる。
いとうせいこう似のスタッフは、お笑いのボケ担当かなー。ツッコミはリーダー。
悪天候のなか、4人のすばらしいチームワークで、気持ちよく引越しが完了した。感謝!


 家から歩ける距離に水鳥の多い川があって、なかなかいい環境のようです。まぁ田舎とも言えますが。( ̄ー ̄;


おっと、時間切れだ。続きはなんとか年内にupしたいと思っております。(たぶん)

ではでは、みなさん楽しいクリスマスを。


nice!(23)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

野木瓜の実 [身辺雑記]

薁(くさかんむりに奥)、郁子、野木瓜。
どれも「むべ」と読みます。
アケビに似た紫色の実をつけるムベは、幼木のときは3枚の葉を、成木になると5枚・7枚の葉をつけることから、
「七五三の縁起木」と言われているんだそうです。
あと、不老長寿の霊果だとも。

このおめでたいムベの実を、ご近所さんが持ってきてくれました。
そういえば今日は七五三。
いい天気になってよかったですねぇ。




左の葉っぱは5枚、右のは7枚。


半分に割って食べてみました。種の周りのぷるぷるしたところがほんのり甘いです。
見た目ちょっとパッションフルーツっぽいけど、酸味はなく、種も(たぶん)食べられません。

これであと50年は長生きできるかな~☆(ニヤリ)

タグ:むべ
nice!(30)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

運河のフレンチ [身辺雑記]

夏休み九州から甥っ子&彼女が帰省したので、一緒においしいもんでも食べに行こうということに。
近隣リサーチの結果、
「利根運河の近くに変わったフランス料理店があるらしい」
との情報を入手しました( ̄ー ̄)

利根運河とは、利根川と江戸川を結ぶ全長約8キロの運河。
明治時代に民間の手でつくられ、いまは近代化産業遺産に認定されているようです。(知らなかった・・・)
この運河と東武野田線が交差するあたりにあるのが「運河駅」。
駅を出て運河沿いの道を行くと、やがて左手に立派な塀が見えてきます。
めざす店は、この塀の中にありました。

ヒグラシの鳴き声が降りそそぐなか、庭園の奥に現れた、2階建ての古風な日本家屋。
老舗割烹が、旅館だった旧館をフレンチレストランとしてオープンしたものだそうです。
玄関の引き戸を開け、靴を脱いでスリッパを履き、木の階段をのぼって2階へ。
廊下でスリッパを脱いで部屋へ入ると、畳にじゅうたん、そしてテーブルとイスが置いてあります。


床の間に古い碁盤が置いてあったりして、どこか懐かしい雰囲気の室内。


左:旅館だった名残がここにも。/右:ナショナル製のレトロなエアコン。(室温はとっても快適でしたよ~)


フレンチだけどお料理はすべて、お箸で食べるスタイルです。
注文したのはBコース、2480円。


左:前菜の伊勢えびとあさりの温かいサラダ仕立て。/右:野菜の冷製スープ。
前菜は爽やかなグレープフルーツ風味のソースが美味v


左:ほろほろ鶏胸肉のロースト・赤ワインソース。/右:バナナのミルフィーユ。
ほろほろ鶏はさっぱりしているのに、とても滋味豊か。鶏好きにはたまりません♪
全体にけっこうなボリュームでしたが、どれも淡白すぎず濃すぎず、飽きのこない味つけでした。完食w


ひとつだけ心残りなのは、夜だったので運河をゆっくり見られなかったこと。
付近は遊歩道が整備されていて、運河には水鳥もやってくるようです。
次に行くときは、水辺をのんびり散歩してみたいなぁ。




ブラッスリーしんかわ



nice!(18)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

春の未練 [身辺雑記]

あーあ、終わっちゃった。






どこにも花見に行けないうちに、桜の枝にはもう、さくらんぼが。


くやしいことに、今年はまだ大好物の道明寺桜餅を食べてなかった...。゚゚(´□`。)°゚。ウワーン

そう思ったら我慢できず、地元の和菓子屋に飛び込んだのでした。



いやいや、それは柏餅。




よかったー、まだありましたよ道明寺。

これでもう春に思い残すことはありません( ̄ー ̄)v





友情出演:かえる1号2号



◆◆◆◆


たかちさんから、ソライロアサガオの種が届きました。


今年は別の色の種も。
うまくいけば、この写真のような花が咲くそうです。
ちゃんと咲かせられるかな。緊張してきた・・・( ̄ー ̄;


ステキな朝顔クリップもいただきました。たかちさん、ありがとう~(´▽`)


nice!(24)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オリジナルサイン、到着 [身辺雑記]

ひと月ほど前のこと、Yuseumさんのブログにて読者プレゼント企画がありました。
プレゼントサイト「ぷれぱブログ」の応募フォームにニックネームとメールアドレスその他、
いくつかの必要事項を記入するだけと、応募はいたって簡単。
で、さっそく応募したところ・・・当たっちゃいました (* ̄σー ̄)ゞ♪

そのプレゼントとは、「あなただけのオリジナルサイン(署名)」

日本にはハンコという便利な道具がありますけど、それでもカードでの買い物とか契約書とか、
サインが求められるシーンは意外と多いものです。
そういうとき、さらさらっとカッコいいサインが書けるように、
自分だけのサインをデザインしてくれるのが「署名ドットコム」(http://www.syomei.com/)。
英文でも漢字でも、1点5,000円で注文できるそうです。
私は今回、ブログネームの英文サインを創ってもらうことに。


そして先週末。ようやくEXPACKが届きましたよ~♪



封筒に入っているのは、練習資料と1枚のCD-ROM
CD-ROMの中にはサインの完成品の画像のほか、筆順の説明と練習方法を書いたPDFが収録されていました。

まずは筆順をじっくり読んで、ペンの運び方を覚えます。
次に付属のトレーシングペーパーを乗せて、お手本を繰り返しなぞったり、別の紙に練習したり。
こうして自分だけのサインを完成させていくのです。

署名ドットコムによる完成見本をご紹介しましょうv


筆記体で「chiyorogi」と書いてあります。気分はもう有名人。


あとは練習あるのみです。がんばれ自分!

Yuseumさん、楽しいプレゼントをどうもありがとうございました~[プレゼント]


前の10件 | - 身辺雑記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。