So-net無料ブログ作成

コンフィダント・絆@PARCO劇場 [theatre]

三谷幸喜さんの新作舞台、「コンフィダント・絆」を観てきました。
今回プレオーダーで当たった席は、なんと最前列!(・・・端っこですけどね)
休憩をはさんで約2時間半、どっぷり楽しんでまいりました。

[cast]
ジョルジュ・スーラ:中井貴一
ポール・ゴーギャン:寺脇康文
クロード・エミール・シュフネッケル:相島一之
ルイーズ・ブーランジェ:堀内敬子
フィンセント・ファン・ゴッホ:生瀬勝久

[staff]
作・演出:三谷幸喜
音楽・演奏:荻野清子

[story]
舞台は1888年のパリ、モンマルトル。
無名の貧しい4人の画家、ゴッホ、ゴーギャン、スーラ、シュフネッケルは、建築中のエッフェル塔が窓から見えるアパルトマンの一室を、共同のアトリエとして借りている。
そこにモデルとして雇われてきたのは、芸術家たちが集うカフェで働くルイーズ。
パリで踊り子になることを夢見て片田舎から出てきた彼女は、絵のことはちんぷんかんぷんだけれど、持ち前の明るさとストレートな物言いで、すぐに4人と打ち解けていく。
ところが、彼女との親密さが増すにつれて、4人の男たちの間で密かな駆け引きが始まる。
次第に裸にされていく彼らの本音、ライバル意識、芸術家のプライド。
はたして彼らの友情の行方は――。

 公演チラシ(左)とパンフレット 


※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

登場する画家4人の性格をざっくり言うと、

  • すぐに落ち込んでは大騒ぎしてみんなを振りまわす自己チューのゴッホ(生瀬)
  • 男らしさの権化のように見えて、じつは繊細で情にもろいゴーギャン(寺脇)
  • 理知的でスマート、でも弱い心をなかなかさらけ出せないスーラ(中井)
  • アクの強い仲間たちのまとめ役、お人よしのシュフネッケル(相島)

という感じでしょうか。
ちなみに「コンフィダント」とは、「秘密・秘め事を打ち明けられる、心許せる相手」(パンフレットより)という意味だそうです。

いつものごとく、三谷さんのあて書きが冴えわたっています。
ゴーギャンに甘えるゴッホと、そんな彼に手を焼くゴーギャンとのやりとりなんて、爆笑の連続です。
そして4人の息もぴったり。
朝日新聞の連載コラム「三谷幸喜のありふれた生活」にも書かれていましたが、男性陣はほぼ同世代なんですね。
(三谷・中井・相島=1961年生まれ、寺脇=1962年生まれ、生瀬=1960年生まれ)
とはいえ、それぞれ個性も違うし、出身もタイプも違う。だからこその緊張感があって、観る側も高いテンションでお芝居に集中してしまうのです。

今回の出演者の中で、中井貴一さんだけは舞台を観るのが初めてだったのですが、予想外に(失礼!)すばらしかった。
この人に関しては堅苦しいドラマよりも、《DCカードの「カッパとたぬき」のCM》キャラのほうがずっと気に入っているんですけど、まさにそのコメディセンスが遺憾なく発揮されていました。これからもっといっぱい、コメディに出演してほしいです。
もちろんシリアスな場面もいいのですよ。自分の殻を打ち破れないもどかしさとか、心の弱さとかを吐露するシーンには、胸がつまりました。スーラというキャラクター、なかなか深みがあって好きです。
それと、生瀬さんが・・・劇中、視線をまっすぐこっちに向けたまましばらく静止するシーンがあって、すっごくドキドキしてしまいました(何を勘違いしておるのだ、私は)。

お芝居のクライマックスでは、ある出来事をきっかけに、4人の関係の危うさがついに表面化してしまいます。
芸術家であるがゆえの、理解と友情、嫉妬と絶望。
豊かな才能をもつ者にも、その才能が自分にないことを知ってしまった者にも、等しく運命は残酷でした。
ラストシーンでのシュフネッケルの悲しむ様は、このアトリエ生活のすべてが一場の夢だったかのよう。
そんな彼と一緒に観客もまた、一場の夢を見ていたのかもしれません。

 

 

ところで。
この舞台の向かって左にはピアノが置いてあって、荻野さんのピアノ演奏に合わせてルイーズが歌います。
第2部が始まるとそこに、ひとりのアコーディオンバンドネオン弾きが。
・・・三谷さんでした。
このワンシーンのために、どれだけアコーディオンバンドネオンを練習したかと思うと、とても「出たがり」などと茶化す気にはなれません(笑)
楽しかったです。三谷さん、ありがとー!


「コンフィダント・絆」公式サイト http://www.parco-play.com/web/play/les/

東京公演:2007年4月7日(土)~5月6日(日) PARCO劇場
大阪公演:2007年5月10日(木)~31日(木) シアターBRAVA!
上演時間:第1部85分・休憩15分・第2部60分


nice!(14)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 14

コメント 29

mizuiro

わーーーこれは見たい舞台です!!!!!
いつもだったら南下しているのにぃ・・・非常に残念です。
そしてやっぱり出ているんですね 三谷さん ^^
by mizuiro (2007-04-21 18:35) 

柴犬陸

チヨロギさん、どうしてそんなに三谷作品のチケットが手に入るんですか?
そのコツをお伺いしたいところです。
でも、でも私も今回は、八方手を尽くした結果、前楽日に観劇予定となりました。(嬉)
ですので、さらっと読ませて頂いてます。
三谷さんの記事に書かれてあった、同世代意識、よく分かる気がします。
それと、中井さんのDCカードのCM、私も大好き。
彼にはああいうキャラクターがあっているように思いますね。
芝居への期待がつのります。
by 柴犬陸 (2007-04-21 19:17) 

たかち

あはは~~~!また三谷さん出演したんですね(爆)
「彦馬」のときも堂々と出てきて芝居をしてましたよ!
シリアスの中に笑いを入れるのって大変ですよね~。一歩間違ったら逆効果になりますもんね。
さすが三谷さんですね!
by たかち (2007-04-21 20:14) 

流星☆彡

おお♪観られましたか!しかも パルコ劇場の最前列☆いいな~♪(#^.^#)
私はパルコ会員等になる程は 観劇できない(経済的に!(*_*;) )ので、
チケットが手に入らないのよね~。(ToT;)
「ありふれた生活」←読んでますけど、元々のコンセプトは 画家を想い描くより
“同世代”をテーマにすることが Main…だったんですね。自分も まさに その世代
なんですけど(でもね。「シェー」は流行ってなかったんだけどな…。♂と♀の
違いから…か !? (^_^;)ゞ )、これを読んだら ますます観たくなってきたな~☆
オークションに出てるチケット 探しちゃおうかな~!? (←(ーー;) 経済的理由は
ど~するんだ。。。)
by 流星☆彡 (2007-04-21 22:35) 

チヨロギ

◇mizuiroさん◇
いっそ関西まで一気に南下しませんか?
なんと大阪公演のチケットは、平日だとまだ余裕があるんです。
東と西の温度差を感じますよね・・・^^;
はい、しっかり出てましたよー、三谷さん!(^ー^)♪
by チヨロギ (2007-04-21 23:53) 

チヨロギ

◇柴犬陸さん◇
いえいえ、連戦連勝というわけではないんですよ~!
その証拠に、「社長放浪記」は惨敗してしまいました(号泣)
コンフィダントは前楽日に観劇予定とのこと、
いい感じに熟成している頃でしょうね。
観劇前にもかかわらず、コメントをありがとうございます(^^)
中井さんには絶対コメディが合ってますよね!
共感していただけて、すごくうれしいです~♪
by チヨロギ (2007-04-21 23:56) 

チヨロギ

◇たかちさん◇
「彦馬」では役名までついていたそうですね!(笑)
今回の三谷さん、さすがに芝居まではしていませんでしたが、
中井さんににらまれつつ舞台を去っていく時の
「およびでない」的な雰囲気が絶妙でした。
三谷さんのお芝居はいつもすごく楽しくて、
じわーっと熱い余韻が残りますよね(^.^)
by チヨロギ (2007-04-21 23:57) 

チヨロギ

◇流星☆彡さん◇
お芝居のチケットって、ほんとに高いですよね~(ため息)
私の場合、休日に急ぎの仕事が入った時などに、
「えーい、これも舞台のためだ!」と思ってがんばることにしています^^;
ええっ、流星☆彡さんは「シェー」をなさらなかったのですか?!
私が子どもの頃は、写真を撮れば必ず誰かが「シェー」のポーズでした。
一応、これでも女子のつもりですけれども・・・(笑)
はっ! もしかして流星☆彡さん、超お嬢様育ちなのでは?
by チヨロギ (2007-04-21 23:58) 

cocoa051

おはようございます。
観ていませんが、今回も新しいテーマに取り組んだ三谷作品は意欲的との評判のようですね。とくにPARCO劇場への想い入れというか執念のようなものを感じます。
中井貴一さんが三谷作品初デビューとか、チヨロギさんの評価は上々のようですね。
by cocoa051 (2007-04-22 03:25) 

チヨロギ

◇cocoa051さん◇
こんばんは。とてもお早いですね!
PARCO劇場は三谷さんのホームグラウンドみたいなものですから、
本人はもちろん、ファンの想い入れも強いと思いますね。
中井さんは、映画だと「竜馬の妻とその夫と愛人」で三谷作品に出演しているのですが、
舞台では初めて。でも、すごくよかったですよ~!
またぜひ舞台を観てみたいと思いました。喜劇限定ですけど^^;
by チヨロギ (2007-04-22 23:48) 

チヨロギ

◇yutakamiさん、nice!ありがとうございます。
by チヨロギ (2007-04-22 23:48) 

チヨロギ

◇かのとさん、nice!ありがとうございます。
by チヨロギ (2007-04-22 23:49) 

Yuseum

チヨロギさん、ごぶさたで〜す。
三谷さんと言えば、GWにWOWOWで「笑の大学」特集が放映されるみたいですね♪
by Yuseum (2007-04-23 00:10) 

チヨロギさん、最前列でのお芝居鑑賞とは、素敵ですね~☆ (^_-)
>休日に急ぎの仕事が入った時などに、「えーい、これも舞台のため・・・
なるほど~。前向きなチヨロギさんの姿勢は、とても素敵です!(^-^)
私も、今月は残業になってしまった時も、「ジョニーのジャパンプレミアの為だ!」と思って、しっかり頑張りたいと思います。p(^^)q
三谷さん、アコーディオン奏者で登場ですか! それは観たいですね♪
by (2007-04-23 19:28) 

チヨロギ

◇Yuseumさん◇
こんばんは~(^.^)
niceな情報、ありがとうございます!!
問題は、うちではWOWOWが観られないことです(-_-;)
弱った~~(涙)
by チヨロギ (2007-04-24 01:05) 

チヨロギ

◇saraさん◇
はい、とてもラッキーでした♪
ちょうど目の前に舞台セットの玄関があって、
出演者がみんなそこの扉から舞台に登場するものだから、
一人ひとり間近に、じっくり見ることができました。
前向きなんて言っていただくと照れてしまいますよ~(^^ゞ
でも、saraさんもジョニーのためならがんばれちゃいますよね!
三谷さんはときどきサプライズで舞台に出てくる方なんですけど、
私にとっては初めての「ナマ三谷さん」でした。
じつは出演者以上にうれしかったです~(笑)
by チヨロギ (2007-04-24 01:09) 

noric

三谷幸喜は結構好きで舞台も観てみたいですね。
by noric (2007-04-24 21:48) 

チヨロギ

◇noricさん◇
三谷さんはTVドラマや映画もおもしろいのですが、
本業の舞台は格別に楽しいので、ぜひ観ていただきたいです(^^♪
by チヨロギ (2007-04-24 23:16) 

shikayu

三谷さんが!!アコーディオンで!!
チヨロギさんいいなぁ~~しかも最前列でドキドキなことがあったとは(笑)
以前ご紹介頂きつい購入したオケピ!も(笑)
私にはなかなか行くことの出来ない「世界」
いつか私も観客になって、空気を共有してみたいです(〃∇〃)ゞ
by shikayu (2007-04-24 23:28) 

流星☆彡

ホントに ヤフオクでチケットGETしてしまいました~!今夜 行きます♪
ちょうど1枚↑出てて、定価だったから 衝動的に入札してしまい、でも お一人と
競って(!)よせば いいのに(!!)¥1500. 値を上げてしまいました~。
みんな 貴女のせいよ!(`´)/
ウソ!ウソ!m(__)m (結果 分かった事ですが→)出品者が “あの「ボウケン
ジャー」の地”の近所の人で、面白い交流が出来たりしましたのよ♪
真ん中くらいの席ですが、観てきます~☆v(*^_^*)/

ところで!私より お若い貴女が 「シェー」を?!だって あれ 『おそ松君』で
兄世代の流行りなんだけどな~(・・? 1コ下の三谷さんや 中井君(←どちらも
東京育ち)が “そんなだった”ってことも、いまいち ピンとこないんだけどな~。
(~_~;A) 私が小児喘息で 身体 弱くて、よく学校休んでたから…かな~(?_?)
by 流星☆彡 (2007-04-25 06:19) 

チヨロギ

◇shikayuさん◇
ドキドキは例によって妄想入ってるんですけど(笑)
shikayuさんもシカオちゃん(あ、なれなれしくてスミマセン^^;)のライブで
極上の時間を過ごされているではないですか~!
その若さがうらやましいであります(笑)
私が観に行っているお芝居は、全然敷居の高いものではないんですよ。
shikayuさんもいつか、ぜひ行ってみてくださいね^^
by チヨロギ (2007-04-25 22:49) 

チヨロギ

◇流星☆彡さん◇
わー! ほんとですか?! すごいすごい!
三谷さんで1,500円だったら、許容範囲ではないでしょうか?
いってらっしゃーい♪ あ、そろそろ終わるころかしら・・・(笑)

「シェー」の件ですが、当時は学校から帰ってくる5時前後って、
アニメの再放送タイムだったと思うんです。
テレ朝がNETで、テレ東が東京12チャンネルの時代(!)ですよね。
サリーちゃんにアッコちゃん、おそ松くんにもーれつア太郎、
リボンの騎士にジャングル大帝・・・何度再放送されたかわかりませんが、
名作アニメは子どもなりに、世代を超えて愛されていたんですよね。
そんなわけで、私も「シェー」な一人なのです(笑)
小児喘息だったのですか? 大変だったこととお察しいたします。
私は身体は丈夫だったのですが、登校拒否の傾向が強く、
低学年のころはよく学校をサボりました・・・えっ、一緒にするなって?
どうも失礼しましたm(__)m
by チヨロギ (2007-04-25 22:51) 

チヨロギ

◇ひいろさん、nice!をありがとうございます。
by チヨロギ (2007-04-25 22:52) 

流星☆彡

「コンフィダント」を観てきた感想も含めた記事を書いたんですけど、貴女の記事に
リンクさせていただいたりしてるので、もし支障があったら、お知らせ下さい
マセ!m(__)m
この度は、私に勇気を与えて下さって(!)ありがとうございました!m(__)m
by 流星☆彡 (2007-04-26 00:51) 

チヨロギ

◇流星☆彡さん◇
お帰りなさい! もう記事にされたのですか? 早いですねー(@_@;)
リンクは大歓迎です! こちらこそ、流星☆彡さんのコメントが記事を書く励みになります。ありがとうございました。
さっそく読ませていただきますね(^.^)
by チヨロギ (2007-04-26 01:03) 

柴壱

三谷さんって、やっぱり変ですよね。テレビで「先得」のCM見るたびに、
アコーディオンを弾く姿を想像しております。紀伊國屋サザンのロビーで見た
ナマ三谷の携帯弄りまくる姿も、パフォーマンスに思えてしまいますから。

で、「コンフィダント」のチケはというと…見事にプレはずれてあっさり諦めました。
先にダメ元で申し込んでいた「写楽考」が思いがけず当たってしまい、
「コンフィダント」への気合が欠けていたのが敗因かも…。
ゴッホ、ゴーギャンに写楽、どちらも絵描きさんの話でしたね、奇しくも。

ちなみに、わたしもモロに「世代」です。
by 柴壱 (2007-04-26 02:09) 

チヨロギ

◇柴壱さん◇
何をやってもパフォーマンスに見えてしまう、これもひとつの才能?(笑)
今度は舞台ではなく、柴壱さんのように客席の三谷さんも見てみたいものです(^.^)

「写楽考」はもうご覧になったのでしょうか?
どんな感じだったか、ぜひ聞かせていただきたいです!
たしかに絵描きさんつながりで、不思議な偶然ですね。
さて来月は「藪原検校」ですよね? こちらは私も観劇の予定です。

で、柴壱さんも「シェー」世代なんですね(^m^)
by チヨロギ (2007-04-26 23:37) 

Hiji-kata

以前メッセージBOXでご紹介した Pさんのブログを
覗いたところ、この「コンフィダント・絆」の東京公演が、
あまりの人気にチケットが取れず、しかたなく大阪まで
観に行ってきたとありました。
それほどの “難関チケット” だったんですね。
そんなプラチナチケットを毎回確実にゲットされるチヨロギ
さんの天才的嗅覚?にも、毎度驚かされているのですが、
今回のPさんの執念にもびっくりです。
ボーッと うどんなど食ってる場合じゃない!と思いました。
自戒の気持ちも新たに、今日から頑張ります。
それでは、また(^^)/
by Hiji-kata (2007-06-10 05:28) 

チヨロギ

◇Hiji-kataさん◇
Pさんのブログは定期的にチェックしていますよ~^^
コメントは遠慮しておりますが。
三谷さんのチケットはいつも“東高西低”らしく、
大阪公演は比較的入手しやすいようですね。
ただ、私はいつも運良く抽選に当たっているだけなので、
Pさんの行動力には本当に頭が下がります。
その意味では、ある時は鰆のために岡山へ、
またある時はうどんのために四国へ足を延ばす
Hiji-kataさんの行動力もご立派!
私もがんばらにゃーと思いました。
今後ともよろしくご指導くださいませ^^
by チヨロギ (2007-06-10 19:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。